冷たいスガキヤラーメン
Search Menu

「ドミー」が楽天ポイントカードに完全切り替えに至った訳とは

「冷たいスガキヤラーメン」これはスガキヤ史に刻み込まれる逸品だ!

「食パンバーガー」それはサンドイッチではない、バーガー感あふれる存在

実家の最寄りにあるスーパー「ドミー」は、三河地方に35店舗を展開するローカルスーパーチェーン。子供の頃から当然のように使っていた「ドミー」ですが、大学時代を京都で過ごし卒業後は上京するが、もちろん東京にも「ドミー」は存在しない、当然すぎる話だが三河地方にしかないローカルスーパーである事を認識した。

「ドミー 楽天ポイントカード」券面
「ドミー 楽天ポイントカード」券面

そんな「ドミー」が楽天ポイントカード・楽天ペイを導入するというニュースを見て以来、実際の利用状況が気になっていた。ポイントカードが導入されても、それをみんなが使うとは限らないそんなことを想像していた訳だが、実際は自分のイメージを完全に覆す光景になっていたのだ。

ドミー店内に掲示されていた楽天ポイントカードのお知らせ
ドミー店内に掲示されていた楽天ポイントカードのお知らせ
ポイントが2倍・3倍になるキャンペーンも実施
ポイントが2倍・3倍になるキャンペーンも実施

ドミーで買い物をする、親が楽天ポイントカードなど持っていないと判断し、自分の楽天アプリを表示して会計を進めていると、親が楽天ポイントカードを持っていると知る。

まさか、親が楽天ポイントカードを持っているとは、、、
まさか、親が楽天ポイントカードを持っているとは、、、

この手のポイントカードは、元々あったスーパーのポイントカードと並行して発行されていると思っていた。が、ドミーは元々のポイントカードを完全に廃止して、楽天ポイントカードに移行していたのだ。

さようなら、ドミーポントカード
さようなら、ドミーポントカード

本気だ、本気すぎるよ楽天ポイントカード、いやドミーの本気と言うべきか。まあ、全ての面で完全移行がドミーにとっても利用者にとってもメリットがあることは分かっているが、まさか従来のポイントカードを完全廃止してしまうとは。ドミーのポイントカード会員制度は結構よくできていて、頻繁にクーポン券配布とか充実していたことを記憶している。たぶん、楽天ポイントカードへの切り替えで色々な仕組みが変わってしまうだろうが、そのあたりを全て引っくるめての移行だ、やはり驚きだ。


「ドミー」「クックマート」「遠鉄ストア」「サンヨネ」「フィール」「イオン」「ピアゴ」「ヤマナカ」「バロー」「ヤマトストアー」、たぶん全部は網羅できていないけど豊川市はスーパーの激戦区だ。年々その争いは激しくなっており、「ドミー」が楽天ポイントカードに切り替えたのもその戦略の一環だろう。圧倒的な知名度を誇る楽天ポイントカードの導入で、このパワーバランスにどのような変化が生まれるのか正直未知数である。ただひとつ言えることは、楽天という巨大企業のブランド価値が三河エリアで向上したことは間違いない。地方都市豊川市におけるスーパーシェア争いと、日本のみならず世界を視野に入れている楽天の野望が交錯する、そんな光景をいま私は観ているのだ。

3 comments
コメントを残す
Related Posts