喫茶野郎のAC/DCコレクション
天下一品『アプリでスタンプカードキャンペーン』ステージ2
Googleマップ写真閲覧回数、10,000,000回達成
Search Menu

回り出す歯車

天下一品『アプリでスタンプカードキャンペーン』ステージ2はオリジナルチャーハン皿!

Googleマップ写真閲覧回数、10,000,000回達成

どうも喫茶野郎です。今回も自分語りが続きます。よろしくお願いします!

S店長が横浜に行ってから、AC/DCについて語れる人もいなくなり、寂しくなるかなあと思っていたのですが、S店長から頻繁に「これ知ってる?」とか「これいいぞ」とかAC/DCやHR/HMの色んな情報を教えてくれるし、僕も色々情報を送っていたので全然寂しさを感じることもありませんでした。

心おだやかな日々を過ごしていました。ラーメン屋のバイトはハードでしたが、職場のみんなは優しい人ばかり。僕の音楽活動を応援してくれました。バイトが終われば、スタジオへ。この頃は4~5バンド掛け持ちしていて、身体はキツかったけど充実していました。そんな日常を過ごしているとAC/DCが薄れる日もありました。自分にとって特別なバンドであるものの、たまにCD、DVD、youtubeなどで聞いたり、観るくらいの熱量に収まっていました。

しかし2008年のとある日

「AC/DC8年ぶりニューアルバム発売決定!」

と、驚きのニュースが!

正式にこの発表される前からも「AC/DCがアルバム作りの為のセッションをした」と噂になっていたので「遂にきた!」と歓喜に打ち震えました。もう大げさじゃなくて本当に震えあがりました。僕がAC/DCのファンになってからオリジナルアルバムは発売されておらず、待ち望んでいた日が遂にやってきたのです。僕のAC/DC濃度も再びグッと上がりました。

「これは…大変な事になるぞ!!」

すぐに元店長Sさんに連絡を取りました。

僕「やべえっす。Sさん。出ます。アルバム。」
S「まじ?ヤバイな。キテる?●●?」←僕の名前です
僕「キすぎて、今まじでヤバイっす。バッキンブラァァァック!」
S「お〜(←例の感嘆の声を出す遊び)相変わらずキテるな●●。でさあ、多分ワールドツアーもやるんじゃねえか?」
僕「!!!!!!!!!!!!!!!!!」
S「お互い情報集めようぜ。」
僕「…へい…(嬉し半泣き)」

AC/DCのニューアルバムが出るだけでなく、もしかしたらライブに行けるかもしれない、しかもかなりの高確率で。そう思ったら居ても立っても居られなくなり、毎日「AC/DC 来日」でググる日々が始まりました。

*ここからは記憶違いによる少し事実と違うところが出てくるかもしれません。大好きなバンドのことですが何せ12~3年も前の話なのでご容赦ください。致命的な間違いはないと思うのですが、もし記録マニアの方が読まれた時の為にこの一文を書かせて頂きました。

AC/DCについて色々調べる日々が始まり、衝撃の事実が判明しました。前作2000年にリリースをした「Stiff Upper Lip」の時はツアーで2001年に来日してるようなのですが、それ以前となると、なんと1982年まで遡らなければなりません。

「なぜだ…?」

嫌な予感を抑える事が出来ません。これじゃ、前の来日が奇跡的なことだったのか?と不安な思いに駆られました。そうして僕は

「もしかしたら今回のアルバムのツアーが始まっても日本には来ない可能性も充分にある。」

と、ダメだった時に、立ち直れないくらいガッカリしたくないのでそうやって予防線を張りました。

卑劣な腐れ野郎と思われるかもしれません、もしくは好きなら来日を信じろとも思われるでしょうが、ただ妄信的にAC/DCの来日を勝手に信じて、夢破れた時、僕は僕の自我を保てない自信がありました。

というわけで、期待に胸を膨らませながらの情報収拾ではなく、なるべく冷静に努めることにしました。そしてまたも衝撃の事実にぶち当たります。

「AC/DC 日本」で検索すると…

「AC/DC 日本 嫌い」「AC/DC 日本 不人気」

と目を疑うような下劣な予測ワードが出てきたのです。

バカな!!!!何やそれ!!!!どういうことや!!!!

僕は冷静になろうと誓ったそばから、心が怒りと憎しみ、そして悲しみの炎で焼かれ、冷静とは全くかけ離れた感情で真相に辿りつく為に色んなワードで検索を続けました。

その結果とても辛いことではありますが、簡単にいうと

「AC/DC 日本 嫌い」は憶測
「AC/DC 日本 不人気」は推測であることがわかりました。

この事については回を改めて書きたいと思っています。ある意味このテーマに触れることが、今回の連載を始めた主旨でありますので。

そうして僕が検索の鬼と化して過ごしていたとある日、AC/DCニューアルバム「Black Ice(邦題:悪魔の氷)」の日本でのリリースが2008年10月22日に決まったというニュースが流れてきました。

「遂にきた!時がきた!」

僕は興奮に打ち震えました。

そして同じタイミングで

「AC/DCが10月28日からBlack Ice World Tourを開催!」

のニュースが流れてきたのです!

「遂に日本に来るかー!?」

また僕は興奮しました。興奮してばっかりで申し訳ないです。

発表されたツアーの開催地のリストを発見すると、どれだけ探しても

JAPAN

の名前がありませんでした。

『……。やはり…む、無念だぁ。いやだぁ。みたいよぉ。AC/DCみたいよぉ。』

検索の鬼から、悲しきAC/DCゴーレムになり変わりました。

しかし、ネットでの噂は「AC/DCが来るらしい」という噂で持ちきりでした。なので、僕も落胆というよりかは「どゆこと?」と思って日々を過ごしていました。

そうしたら、世界的なバンドはスケールが違いますね。ある日、追加のツアーのスケジュールが発表されて、そこに噂されていたJAPANの文字がありました。

よかった!僕は三度エキサイトしました(詳細は次回以降に)

Black Ice World Tourは結局2008年の10月から2010年の6月末まで行われました。長期に渡るツアーなので、スケジュールを何回かに分けて発表していたようです。一枚のアルバムでどんだけ世界を回るんだと驚いた記憶があります。スケールデカすぎ〜。

AC/DCが日本にやってくるという、とてもとても大きな喜び、そして一抹の不安を抱えつつ、AC/DCに出会う狂乱の物語の歯車が回り始めたのです。

今日のAC/DC
AC/DC – Whole Lotta Rosie (from Countdown, 1979)
ライブの定番曲!ボン・スコットがボーカルの時です。

1 comment
コメントを残す
Related Posts