Search Menu

今もっとも”ちゃぶだい”なドラマ「おいハンサム!!」

長野で海に浮かぶ

「レゴ®テクニック マクラーレン フォーミュラ 1 レースカー」3月1日発売!

2022年1月期は、めっちゃドラマを観ている。

・カムカムエヴリバディ(NHK・朝ドラ)
・ミステリと言う勿れ(フジ・月)
・ドクターホワイト(フジ・月)
・ファイトソング(TBS・火)
・ムチャブリ!わたしが社長になるなんて(日テレ・水)
・となりのチカラ(テレ朝・木)
・ゴシップ(フジ・木)
・妻、小学生になる。(TBS・金)
・しもべえ(NHK・金)
・シジュウカラ(テレ東・金)
・鉄オタ道子、2万キロ(テレ東・金)
・おいハンサム!!(フジ・土)
・逃亡医F(日テレ・土)
・鎌倉殿の13人(NHK・日)
・DCU(TBS・日)

こうやって書き出してみると、異常な本数のドラマを観てるな、、、。と、ここでドラマの感想を書き始めると、全くもってしてテーマの〈ありとあらゆるちゃぶだい〉にたどり着かないので(めっちゃ書きたいんだけど)、今もっともちゃぶだいなドラマをご紹介したい。

今もっともちゃぶだいなドラマ、それは土曜23:40フジ系(東海テレビ×日本映画放送共同制作)で放送されている「おいハンサム!!」だと断言できる。主演は吉田鋼太郎様、その三姉妹役に木南晴夏・佐久間由衣・武田玲奈、そして吉田鋼太郎様の妻役にMEGUMIという、まあ、配役を見ただけでも一癖も二癖もありそうなドラマである事が伺える。まあ、土曜日の深夜枠の時点でかなりキテると分かると思いますが、想像以上にキテるドラマです。

で、ドラマの話を書き始めちゃうとこれまた絶対にテーマにたどり着かなくなるので、サクッと本題に入ると、あるんですよちゃぶだいが。吉田鋼太郎様演じる伊藤源太郎家の茶の間に、これでもかと言わんばかりの立派なちゃぶだいが置かれているのです。えっと、勝手に画像素材を使うと怖い人に怒られるので、公式Webにリンクを張っておく。やばいでしょ、めっちゃちゃぶだいなの、すんげーちゃぶだいなの。もうね、どう考えても今回のクールナンバーワンちゃぶだいドラマなの! 吉田鋼太郎様+ちゃぶだい=ひっくりかえしそう、なんだけど絶対にひっくり返さないと思われ。鋼太郎はそんな父親じゃないわ、頑固なイメージそのもの役を演じてるけど、ちゃぶだいはひっくり返さないわ!!

あああ、吉田鋼太郎様+ちゃぶだいという、ちゃぶだい界隈では最強過ぎる組み合わせに思わず取り乱してしまいました。まあ、ドラマの中でこのちゃぶだいが特にどうという訳ではありませんが、昭和の雰囲気としてちゃぶだいの果たす役割は極めて大きいことを改めて知ることになりました。

いやー、こんなにちゃぶだいなドラマはないなぁ、それはもうツイッターでは大盛り上がりだろうと思うわけですが、

おいハンサム ちゃぶだいの検索結果はありません

なんでやーーー! なぜ、誰も触れていないんだ、おいハンサム!!のちゃぶだいっぷりに、、、。ちなみにちゃぶ台でも検索しましたが、結果は同じ。なぜだ、こんなにちゃぶだいなドラマなのに。まあ、これが現実、それがちゃぶだいという存在のリアルなのです(なんなの)。

もう、どうやってこの記事を結したらよいのかサッパリ分かりませんが、今クールもっとも”ちゃぶだい”なドラマは「おいハンサム!!」です、断言します。観てください、ちゃぶだいなんて全く気にならないくらい楽しいドラマですので。あ、イケメンが大量に出ていて、しかも無駄に消費されてる感が凄いドラマでもあります、さすが吉田鋼太郎様! どうしてあなたの会社には和太鼓が置かれてるの? あ、私が大好きなのは第二話ラスト、長女・由香(木南晴夏)の壮絶シーンです、テレビのリモコンがあんなに恐ろしいアイテムになってしまうとは、、、。もう、脚本・演出・プロデューサーの山口雅俊様、天才過ぎるわ、、、。

3 comments
コメントを残す
Related Posts